【採用インタビュー番外編】進行管理担当Sさんに聞きました!

こんにちは。

アイティメディア株式会社 人事・採用担当です。

 

今回は、採用サイト(アイティメディア採用 2018)では紹介しきれなかった

「キャンペーンマネジメント」を担当している社員のインタビューを公開します!

 

リードジェン事業本部でキャンペーンマネジメントを担当しているSさんに

お話を聞きました!

*リードジェン事業とは?はこちらをご覧ください↓

アイティメディア採用 2018 - 社員インタビュー 企画 竹内 一浩 -

 

Sさんは新卒でアイティメディアに入社されて、

編集記者職やソフトバンクに出向しての広報職など、様々な経験をしています。

最近は、1歳の姪っ子&甥っ子に夢中だそうで、休日は2人のためにアクセサリーや洋服作りに勤しんでいるとか。メロメロです(笑)

 

 

―就職活動では、なぜアイティメディアを受けてみようと思ったんですか?

就職活動は、興味があったメディア業界と音楽業界に絞って情報収集していました。

何気なく音楽雑誌を読んでいる時に「ソフトバンク」という企業名を発見して、「ソフトバンクって出版事業もやっているんだ」ということを知りました。そこで、「ソフトバンク×メディア」で検索してみたら、アイティメディアが出てきたんです!(笑)

当時、mixiが流行っていて、これからはインターネットかもしれないという潮流があったので、インターネット専業のメディア企業っていいかも…と思い、受けてみることにしました。

 

 

―入社の決め手は何ですか?

当時の採用担当がじっくり話を聞いてくれたことですね。自分という人間がどういうことを考えて生きてきたのか、丁寧に理解してくれようとしたスタンスが魅力的でした。また、編集部の女性社員に会う機会も作ってもらって、お互いに認識違いがないように配慮してもらったので、この会社は信用できるなと思いました。一方的に質問されて終わり、という会社もありましたから。就活は自分の居場所を選ぶためのものであると考えていたので、アイティメディアの自分への向き合い方がしっくりきたんです。

 

 

―これまでの経歴について教えてください。

最初は希望していた編集記者職に就きました。学生時代にブログを書いたり、プロライターのお手伝いをしたりしていたので、ずっと編集記者に興味があったんです。当時の私は、好きな仕事で好きな記事が書けると思い込んでいました。しかし、仕事となるとそう甘くはありません。担当になったITエンタープライズ領域はわかないことだらけ…。自らコンテンツを生み出すことに苦痛を感じてしまいで、編集記者という仕事は向いていないことに気付きました。好きということだけで仕事にするのは難しいなと痛感しましたね。

そもそも、私は入社するときに、会社にはどんな仕事があるか知らなかったんです。入社後の研修で各職種の仕事説明を受けたのですが、そこで後に経験することになる広報という仕事を知りました。面白いと思って、当時の役員に「広報をやってみたい!」と伝えていたんです。そして、3年目のときにご縁をいただき、ソフトバンクBB株式会社(現ソフトバンク株式会社)に出向することになり、Webプロモーション業務に携わった後、ソフトバンクBBから分社独立した会社で広報を担当しました。ソフトバンクBBでは、iPhoneが日本で販売され始めたときのプロモーション担当者が上司にいる等、「すごいな!」と思う人たちと一緒に仕事をすることができ、非常に勉強になりました。それに、ずっと挑戦したいと思っていた広報を仕事としてできたのは貴重な経験でしたね。

そして、もう一度メディアの仕事がやりたいなと思い、アイティメディアに戻ってきました。

 

 

―現在はどんなお仕事をされているんですか?

私が所属しているキャンペーンマネジメント部のミッションは、営業が獲得してきた案件を、漏れなく、遅延なく、事故なく、お金を頂ける状態にすることです。その中でも私は、タイアップ広告(記事体広告)の進行管理を主に担当しています。また、営業が提案しやすいように企画から携わることもあります。

 

 

―現在の仕事のやりがいはどんなところにありますか?

自分が意思を持って主体的に動かないと、案件がクライアントからお金をいただける状態にはならないことですかね。タイアップ広告の掲載予定日に間に合うように、いつまでに編集部に記事を書いてもらうのか、いつまでにクライアントに確認してもらうのか、公開されたタイアップ記事を読んでもらうために、読者に対してどんなメールを送るのか、そういったプロセスを全て自分の意思・考えで決定して、案件をひとつひとつ成功に導いていく…。そうすると、「よしよし、今回も無事に終わったぞ!」という充実感を得られるんです。

もちろん、コントロールできないところでアクシデントが発生することもあるのですが、自分が慌てても何の解決にもなりませんから、そこは冷静に柔軟に対応することをいつも心がけています。たくさんの人が関わっている仕事ですから、ある程度の想定外は仕方ないと思っています。私の役割は、その状況でベターな道筋を作ることです。

 

 

―学生と社会人の一番の違いは何ですかね?

ポジティブな意味で、自分の責任で生きていくことができるということですね。経済的にも自立して、自分の意思でどうとでもできるのは、楽しいですし、幸せなことだと思います。夏休みが2ヶ月あったことを考えると、学生に戻りたい!と思うときもありますけどね(笑)。

 

 

―今後の目標を教えてください!

目標とする年収を稼いでみたいです!叶えられるかどうかは分からないですけど、それぐらいスキルは身につけたいですね。

 

 

―Sさん、かっこいいっす!では最後に、就活生へメッセージを!

あまり構えすぎないで、選考に臨んでほしいですね。「採用試験を受けている」という感覚ではなく、「居場所探し」だと思ってほしいです。仕事は人生の大半の時間を占めるので、ポジティブな気持ちで働ける会社なのかどうか、自分が探しにいくんだというスタンスが大事なんじゃないでしょうか。友達や恋人探しと一緒ですね!

就職することがゴールではないですし、特定の仕事が向いている向いていないは正直、実際にやってみないとわからないです。私も編集記者を志望していましたが、実際にやってみたら向いてないなと分かりましたし(笑)。絶対この仕事しかしたくないと考えるのではなく、どういう会社で働きたいかを考えるといいんじゃないかなと思います。